notice
お 知 ら せ

  
グランドオープン
実演会告知

product list
商 品 一 覧

ひな人形

無形文化財・石川潤平の工房をはじめ、熟練の職人たちが一体ずつ心をこめて作り上げた雛人形です。

商品の詳細

五月人形・鎧兜

デザイン、フォルム、材料、細部まで美しさにこだわった職人技が光る鎧兜と表情ゆたかな五月人形です。

商品の詳細

鯉のぼり

受け継がれてきた匠の技、良い物を作る伝統の心が生きています。お子さまの未来を願う確かな逸品です。

商品の詳細

writer introduction
作 家 紹 介

人形界の第一人者

石 川 潤 平

  • 初代石川潤平は長きにわたり多くの功績と作品を節句業界に残した木目込人形の第一人者です。作品の中には小和田雅子様(令和の皇后)がご婚約の際の贈答品を埼玉県を代表して贈られました。またアメリカ大統領など4名にも寄贈しています。独特な造形と石川潤平ならではの筆仕事は多くの人に愛され、今なお世代を超えて受け継がれています。

    大正9年 福島県に生まれる / 昭和54年 伝統工芸士の称号を認定 / 昭和62年 伝統工芸品産業功労者表彰 / 平成元年 総理府付黄綬褒章受章 / 平成2年 平成天皇即位に際し「三番叟」献上 / 平成5年 小和田雅子様ご婚約に際し「立雛」献上 / 平成5年 皇太子殿下ご成婚に際し「三番叟」献上 / 平成7年 勲六等瑞宝章受章 / 平成16年 埼玉県指定無形文化財認定

二代目

石 川 潤 平

  • 二代目石川潤平は父の石川潤平の長男として生まれ、19歳から潤平に師事し、多くの事を学んできました。また初代潤平の次男・石川佳正と切磋琢磨して昭和から平成と駆け抜けてきた人形作家のひとりです。国内では日光の世界遺産劇場にて出展及び実演を行い、また海外ではドイツの人形博物館に作品を寄贈したりと節句文化の啓蒙活動と技の継承に努めています。

    昭和26年 埼玉県に生まれる / 昭和45年 父 初代潤平に師事 / 平成11年 二代目潤平を襲名 / 平成11年 ドイツヘッセン州立人形博物館へ木目込人形「東風」を寄贈 / 平成12年 埼玉県立民俗文化センターに木目込人形製作工程を寄贈 / 平成13年 明治神宮へ木目込人形「官公」を奉納 / 平成14年 おぼこ大将「枠目彩色」発表 / 平成16年 経済産業大臣指定 江戸木目込人形伝統工芸士となる / 平成22年 日光世界遺産劇場にて伝統工芸作品展に出展、実演する

三代目

石 川 や す ひ ろ

  • 石川やすひろは16歳より家業に専念し、これからの節句文化と伝統工芸の継承を担う人形作家若手実力派のひとりです。祖父の初代潤平と父の二代目潤平より多くの技術と知識を吸収し、木目込人形だけに限らずより多くのことに挑戦し続けています。そのひとつ、オリジナルブランド『舞シリーズ』は"節句の楽しみ"とを融合させた新時代への節句人形ブランドとして展開しています。

    昭和62年 埼玉県に生まれる / 平成15年 初代 石川潤平に師事 / 平成16年 彫刻家 島田忠恵氏にデッサンや造形を学ぶ / 平成16年 人形プロデューサー 石黒甲世氏に師事し、衣装着人形を学ぶ / 平成17年 雛人形衣装着 書目頭を発表 / 平成17年 人形彫刻作家「磊(RAI)」に師事 / 平成18年 磊楽人形彫刻美術館展にて入選(頭部門) / 平成19年 磊楽テラコッタ展覧会にて入選する / 平成19年 木目込人形「三番叟」「猩々」発表 / 平成19年 天神頭製作に携わる / 平成23年 オリジナルブランド「泰(YASU)」を発表 / 平成23年 雛人形衣装着(全体造形・頭)をプロデュース / 平成27年 木目込人形「舞シリーズ」を発表

創作人形作家

石 川 佳 正

  • 石川佳正は初代石川潤平のもと若い頃より人形製作に携わり、筆遣いや創作人形の基礎など多くを学び、長いキャリアをもっています。その頃より人形作家としてあらゆる芸術の分野(彫刻、絵画、日本画など)を習得し、自身の感性を活かした創作人形を手掛けるよしまさ工房にて活躍。類まれで独創的な人形は多くの人を魅了し、数多くの功績を残しています。

    昭和30年 埼玉県に生まれる / 昭和62年 埼玉美術家協会正会員となる / 平成2年 通商産業大臣表彰(全国第一位賞) / 平成10年 ドイツヘッセン州立人形博物館へ木目込人形「牛若丸」を寄贈 / 平成16年 経済産業大臣指定 江戸木目込人形伝統工芸士(総合部門)となる / 平成18年 人形彫刻作家「磊(RAI)」として新作発表 / 平成22年 御所おさな「竹千代」発表

現代の本物志向甲冑作家

力 石 甲 人

  • 東京都墨田区向島に生まれ、「学問より家業を」という時代に育ち、8歳の時から甲冑づくりを学んできた日本の代表的甲冑師です。父の先代甲人を若くから受け継ぎ、子供の頃から職人として厳しく鍛えられた事が妥協を許さない完璧な時代考証と個性豊かな独創性を兼ね揃え、他の職人の追随を許しません。節句や甲冑の知識はもちろんのこと、芸術や文化、宝飾など多くの事柄に触れて学び、そこで得た知識や教養を甲冑づくりに活かしこれまでも多くの方々を魅了してきました。国宝甲冑研究による活動もその一つで、実物の国宝鎧の修復にも携わり、そこで得た鎧づくりの基礎が活かされ甲ブランドの精巧な仕上げ、重量感、配色、造形美、どれをとっても最大級に評価されております。
    長くにして節句文化と甲冑づくりに携わり、若手育成と節句文化と技術の継承に努めております。昭和時代からの最後の名匠として活躍中です。

木目込職人

坂 井 雄 二

  • 初代・二代目・三代目石川潤平に師事。木目込人形制作を手がける。
    絵画や造形制作、節句文化を学び、円満な幸せがずっと続きますようにと願いを込めて創作活動を続けています。

THE GREEN HANDS

次世代・本物志向を継承する若者職人達!

Customer photo studio
お客さま写真館

Company Profile
会 社 概 要

■人形の皇徳について
人形の皇徳は石川潤平(木目込人形)、石川佳正(木目込人形)、力石甲人(兜・奉納鎧)、力石鎧秀(兜・奉納鎧)、鶴屋半兵衛(江戸おさな)、松乾斎東光(市松人形)、むさしや豊山(押絵羽子板)作品および、全国から選びぬかれた、ひな人形、五月人形(鎧飾り・兜飾り・子供大将飾り)、鯉のぼり、武者絵幟、市松人形、日本人形、高砂人形、羽子板、破魔弓、等身大着用鎧を販売する節句人形専門店です。

■人形の皇徳の豊富な品ぞろえ
日本全国の名匠作家商品を豊富に取りそろえていますので、他の販売店にはない品揃えを実現しています。
(一流作家の作品につきましては一品ものとなっております)

■人形の皇徳の確かな品質
人形師名、頭師名、甲冑師名、作者名、工房名、各部品名を明確に表示しておりますので、確かなものを選ぶことができます。

■人形の皇徳オンラインショップ hina.co.jp
人形の皇徳の商品は、人形の皇徳オンラインショップhina.co.jpにてご覧になることができます。(一部作家商品を除く)

■山梨人形会館人形の皇徳展示場(山梨県甲府市中小河原1-12-29)
人形の皇徳では、日本全国の名匠作家商品を直接、見て、触って、選ぶことができます。遠方からお越し頂いてもきっと満足して頂けます。 ご案内地図はこちら
(遠方からお越しの場合は事前にTEL:055-243-5033までご連絡ください)

■万全のアフターサービス
人形の皇徳でお買い求め頂いた商品につきましては、万が一破損した場合でも修理させて頂きます。
(経年変化やお客様の責任での破損・汚損の生じた商品につきましては有料となります)

  • ひな人形や五月人形は、生まれてきたお子様が一生共に学ぶ力(幸せになる力)を育むことができる唯一の品物です。
    親から飾り方や物を大切に扱うことを教わり、自分でできるようになる学ぶ力。
    きれいな物を自分で飾ってほめてもらった幸福感。
    毎年飾る毎に幸せになる力を育んでいきます。お子様が大人になってから雛人形を飾る時には、桃の季節と共に家族の思い出を感じることができるでしょう。
    お子様が自分で楽しく飾ることができて、お母さんになってもおばあちゃんになってもずっと飾りたくなるような雛人形を選びましょう。
    当店では、無形文化財技継承の職人たちが作り上げた逸品を提供させて頂くと共に、ひな人形、五月人形、鯉のぼりがどのようにしてお子様の成長に役立つかなど、お客様と親身になってお話させて頂いております。
    お近くにお住いの方だけでなく遠方からお越し頂いてもきっとご満足して頂けます。

Store Guide
店 舗 案 内

  • 社名
    所在地
    TEL

    FAX
    営業時間

  • 山梨人形会館 人形の皇徳
    〒400-0855 山梨県甲府市中小河原1-12-29
    055-243-5033(代表)
    0120-246-982(フリーダイヤル)
    055-243-5032
    午前10時~午後6時

人形の皇徳地図

Inquiry
お問い合せ

当店では、お客様のご要望に確実にお応えするために、お問い合せはお電話のみとさせていただいています。

TEL:055-243-5033

営業時間 10:00~18:00